クレモビジョンは画質改善に特化し技術を磨いている会社です。

液晶プロジェクター用 色むら補正システム

  • HOME »
  • »
  • 液晶プロジェクター用 色むら補正システム

LCDプロジェクター用 色むら補正システム

 
プロジェクターからスクリーンに投影した画像をカメラで撮影し、撮影した画像の情報から色むらの状態を分析して補正データを作成します。
国内、海外に多くの販売実績があります。
SONY様、EPSON様等のドライバーICによって型番が異なります。
具体的な型番はお問い合せ下さい。

 

概要

液晶プロジェクターの色むら(Color Uniformity)補正を高精度に行うシステムです。
近年、LCD プロジェクターの画質は飛躍的に向上し、色むらの補正は不可欠な技術となっています。
特に低輝度エリアでの色むらの状態は画質を左右する重要な要素になって来ました。
本システムはこのような市場の要求に対しても充分にご満足いただける補正性能を有しています。

本システムは生産ライン用のシステムとして設計されていますので、生産現場では「スタートボタン」を押すだけの簡単な操作で補正開始から終了まで全自動で動作します。

用途

・ フロントタイプ液晶プロジェクターの色むら補正

システム図

※調整は暗室で行ってください

液晶パネルメーカー様ではLCD パネルとセットで色むら補正機能が搭載されたコントローラ(IC)を販売しています。通常このコントローラにはデジタル信号発生ブロックが準備されていますので、本システムでは補正信号はこのデジタル信号を使用します。従いまして色むら補正に際し、特別な信号発生器をご準備いただく必要はありません。

主な仕様

調整時間 約3分(平均) 補正の設定(調整数、分割数等)で変わりますのでご相談下さい。
調整精度 調整精度の保証はしておりません。詳しくはお問い合わせ下さい。
測定可能最小スクリーン輝度 4cd/m2 入力レベル10%付近の暗い階調の補正が可能です。
システム仕様 PC部 OS:Windows 7
CCDカメラ部 2/3型CCD
CCD解像度:1920(H)×1080(V)
ズームレンズ仕様:f=12.5~75mn(電動6倍ズーム)

その他特長

  1. 画像キャプチャー用のCCD カメラレンズはズームレンズですので、自由度の高いカメラ設置が可能です。
  2. 色むら補正を行うには、予め設定Data に対する輝度変化の状態を定量的に知っておくことが必要です。これを補正係数と呼んでいます。本システムではこの補正係数を自動的に取得する機能が装備されています。
  3. 生産ライン用システムの他に技術様検討用、フィールドサービス用に携帯性に優れたノートパソコンタイプもございます。
  4. データ通信の詳細につきましては、別途お打ち合わせにて確認させていただきます。
  5. 色むら補正後の評価ツールとしてクレモビジョンオリジナルの色むら評価方式も準備しております。一つの数値で画面全体の色むらの状態を評価しますので、感覚的に非常に判り安く、データの管理も容易です。このツールはオプションになっておりますので、ご相談下さい。

カタログダウンロード

色むら補正システム(LCDプロジェクター用) CV-C500
*製品の内容はPDFファイルで提供しています。

PAGETOP