クレモビジョンは画質改善に特化し技術を磨いている会社です。

液晶プロジェクター用 ガンマ補正システム

  • HOME »
  • »
  • 液晶プロジェクター用 ガンマ補正システム

LCDプロジェクター用 ガンマ補正システム

LCDパネル個々の特性を測定し、プロジェクター毎に補正を行いますので、
高精度なガンマ補正が可能です。
黒、Gray、白全てのレベルで均一のホワイトバランスになります。
最大で70,000:1のコントラスト比のプロジェクターに対応可能です。
国内、海外に多くの販売実績があります。
SONY様、EPSON様等のドライバーICによって型番が異なります。
具体的な型番はお問い合せ下さい。

 

概要

液晶プロジェクターのガンマ補正(Gamma Correction)を高精度に行うシステムです。近年、液晶プロジェクターのコントラスト性能は飛躍的に向上し、低輝度から高輝度まで測定器のレンジ切替無しで連続的に精度良く測定する事が必要になって来ています。本システムは独自の広ダイナミックレンジ光ディテクターを採用していますので、このような高コントラストプロジェクターにも充分対応可能な性能を有しています。また本光ディテクター内では非常に高速に測定を行っていますので、フリッカー測定、調整も行えます。

本システムは生産ライン用のシステムとして設計されていますので、生産現場では「スタートボタン」を押すだけの簡単な操作で補正開始から終了まで全自動で動作します。

用途

・ フロントタイプ液晶プロジェクターのガンマ補正、フリッカ調整

システム図

液晶パネルメーカー様ではLCD パネルとセットでガンマ補正機能が搭載されたコントローラ(IC)を販売しています。通常このコントローラにはデジタル信号発生ブロックが準備されていますので、本システムでは補正信号はこのデジタル信号を使用します。従いましてガンマ補正に際し、特別な信号発生器をご準備いただく必要はありません。
色彩色差計(Konica-Minolta 社製)はお客様にてご準備下さい。

主な仕様

調整時間 約3分(平均) 作成するガンマデータの数によって変りますのでご相談下さい。
調整精度 併用してご使用になる色彩色差計の精度(確度)に依存します。
最大測定コントラスト比 7,0000:1 弊社オリジナルの光ディテクターにより可能になります。
システム仕様 PC部 OS:Windows 7
Data通信:RS232C(以下、その他特徴4をご参照下さい。)
光ディテクタ部 応答時間:300μs 以下
測定分解能:3,000,000:1 以下

その他特長

  1. 一回のVT 測定で同時に最大5 種類のガンマカーブの作成が出来ます。
    ①Mode1:最大明るさ、コントラストを実現します。ホワイトバランス は光学系の色と同じになります。
    ②Mode2:Color Target モードです。黒~白全域でご指定のホワイトバランスに調整します。
    ③Mode3:黒、白域では最大明るさ、コントラストを実現し、中間域ではご指定のホワイトバランスに調整します。
  2. S カーブのような特殊なガンマカーブの作成も可能です。
    (お客様にてファイル作成) 詳しくはお問合せ下さい。
  3. 生産ライン用システムの他に技術様検討用、フィールドサービス用に携帯性に優れたノートパソコンタイプもございます。
  4. データ通信のインターフェースはRS232C を標準としていますが、その他のインターフェースにも対応可能ですので、ご相談下さい。

カタログダウンロード

ガンマ補正システム(LCDプロジェクター用) CV-G1000
*製品の内容はPDFファイルで提供しています。

PAGETOP