クレモビジョンは画質改善に特化し技術を磨いている会社です。

カラーマネージメントソフトウェア

カラーマネージメントソフトウェア

コニカミノルタ製の色彩色差計をコントロールし、色度、輝度測定だけでなく、
さまざまな自動調整機能を有するソフトウェアです。

 

測定器として使用する場合の単体機能


CV-CMG2000のインターフェース上に測定結果を表示します。
測定項目 : 色彩色差計の仕様によります。

社内基準測定器との校正

社内に色度、輝度の基準測定器がある場合は、その基準測定器と同じ測定値となるような校正ができます。
RGBWの4色について、基準測定器と対象の色彩色差計で測定するだけで、簡単に校正できます。

基準測定器は、コニカミノルタCS-1000、CS-2000、Topcon SR-3などの、精度の高い物をお使いください。

カラーエンハンスICと組み合わせた場合の色調整機能

単純な色の測定だけでなく、カラーエンハンスICが搭載されたディスプレイの自動調整システムが構築されます。

カラーエンハンスICと組み合わせた場合の特徴

1.Target色空間を指定した自動調整

sRGB、AdobeRGB、DCIなど、規格に定められた色空間を選択するだけで、正確に調整します。
使用するLCDパネルが変更になっても、指定された色空間に調整されるため、同じ色を再現することができます。

2.Monitor、LCDTVの自動評価

評価項目
  • RGB、White、Blackの色度/輝度/コントラスト
  • VTカーブ
  • 色度のNTSC比、AdobeRGB比など
  • 色度範囲のカバー率など

3.スケーラの特性評価とスケーラ補正機能

LCDモニタ、LCDTVでは、様々なスケーラを採用することが多くなってきています。
DVI、HDMIなどのデジタル入力であれば、どのスケーラを使っても、その出力は同じになるはずなのですが、実際はスケーラ内の演算誤差が多く、スケーラボードを変更すると色が変わってしまうという問題点が指摘されています。

本機能は、外部のDVIまたはHDMIから弊社指定の測定用画像を表示することで、スケーラ内の誤差を測定することができます。更に、そのデータを元に、スケーラの誤差を補正したGammaLUT、ColorLUTを生成することができます。
ですから、スケーラの演算誤差、ColorSpaceの間違いなどがあっても、全て同じ色に調整することが可能になりました。
スケーラの測定時間は、およそ10分程度です。

4.量産自動調整システムへの対応

CV-CMG2000は、研究開発用だけでなく、量産用の調整システムとしても活用できます。
LCDパネルを高精度に調整するのは、生産ラインで1台ごとの測定と調整が必要です。
CV-CMG2000は、最大5種類のTARGET色空間を指定でき、1回の測定で、最大5種のGammaLUT、ColorLUTを生成し、カラーエンハンスICにデータ転送できます。

5.量産ライン用ソフトウェア

実際の量産時には、製造作業員の操作ミスで、設定が変更されてしまい、間違った調整で出されてしまうという事故があります。
CV-CMG2000は、製造ライン専用のソフトウェアが用意され、決められた調整作業しかできないようになっています。
ですから、操作ミスによる事故を未然に防ぐことができます。
詳細な設定情報は、CMG-2000とリンクされています。

PCの仕様

参考
  • OS : Windows XP(above .NET Framework 2.0SP1 ) , Windows Vista , Windows 7
  • CPU : Intel CPU
  • Port : Please confirm in advance
  • Resolution of PC monitor : SXGA

カタログダウンロード

カラーマネージメントソフトウェア CV-CMG2000
*製品の内容はPDFファイルで提供しています。

PAGETOP